トップページ > 横地千仭・喜與子日独医学交流基金

横地千仭・喜與子日独医学交流基金

 この基金は解剖学の横地千仭先生(神奈川歯科大学名誉教授)ご夫妻からお預けいただいた基金を原資として1999年に設立されました。かつてご夫妻がドイツに滞在中,日本とドイツの医学交流が,交流とは全く名ばかりで,ドイツの奨学金による一方的なものであったため,「日本の面目のために微力ながら,この流れをかえていきたい」とのご夫妻のお考えが具現化されたもので,日本の医学,薬学,歯学等の教育・研究機関で基礎医学の研鑽を重ねるドイツ人の若手研究者を支援する助成金です。
 このような趣旨から,ドイツの研究施設から留学される方にとって,とても有益な助成金であり,すでに,来日されている方もご応募可能となっています。

横地千仭・喜與子日独医学交流基金サイトはこちら

(1)応募資格:
現にドイツ国内で医学研究に従事している者,あるいはすでに来日し日本の医科大学,歯科大学,並びに研究所等で基礎医学研究に携わっている者で,応募書類作成日現在40歳以下のドイツ人研究者。
(2)年間受入れ人数:
2,3名。
(3)受入れ期間:
3カ月,6カ月,あるいはそれ以上1年未満。
(4)助成金額:
滞在費 月額42万円を基本助成金額とします。
交通費 来日するために必要なドイツとの往復航空運賃(エコノミー)。なお,既に来日している研究
    者は,この交通費の助成対象とはなりません。
(5)必要書類:
日本における受入れ施設の証明書。
(6)審査方法:
当基金の選考委員が行い,理事会で最終決定いたします。
(7)応募締切:
毎年5月31日と11月30日締切。